不眠を改善するにはホル活が効く?

不眠を改善するにはホル活が効く?

眠るべき時間帯にうまく眠れない症状を総称して不眠症または睡眠障害と呼んでいますその症状は寝つきの悪さを特徴とする入眠障害や中途覚醒早朝覚醒などが挙げられ眠りが浅く熟睡できないという熟眠障害も含まれます不眠にはいろいろな背景が考えられますが不規則な生活習慣による体内時計の乱れやストレスは最も代表的な原因です睡眠時無呼吸症候群など呼吸器系に問題があって熟睡できない場合のホルモンバランスの乱れが不眠の原因となっている例も少なくありません1日程度の睡眠不足であれば翌日ぐっすり眠ることで解消できますがこうした不眠の状態が何日も続くと健康や精神面にもマイナスの影響が出てきます前日の疲れが取れず日中も眠気に襲われたりすれば仕事や車の運転にも支障が生じるようになるのです不眠から来る睡眠不足は美容に悪影響を及ぼすだけでなくさまざまな生活習慣病の原因にもなり悪化するとうつ病など心の病気につながる恐れもありますストレスや体内時計の乱れを原因とする不眠の症状も実はホルモンとの深い関係が見られるものです睡眠は自分の意志でコントロールできるわけではなく血流や心拍消化器官の働きなどと同様に自律神経が調節しています自律神経には交感神経と副交感神経の2系統があって覚醒時には交感神経が優勢となり血圧や体温などを高める方向に作用します睡眠時には逆に血圧や体温を下げて休息に適した状態にする必要があるため副交感神経が優勢となってその働きをしているのですこうした切り替えに重要な役割を果たしているのは脳の松果体から分泌されるメラトニンというホルモンですメラトニンは明るい場所では分泌が抑制され暗くなると分泌される性質を持ちます起きたときに太陽光を浴びると体内時計がリセットされ15時間前後経過した後にメラトニン分泌が始まるように人間の体はプログラムされています女性の場合はメラトニン以外にも女性ホルモンや黄体ホルモンからも睡眠への影響を受けており特に生理前はこれらのホルモン分泌が活発になるため不眠になりやすいものです寝つきが悪いタイプの不眠は就寝時に体がまだ睡眠に適した状態になっていないことが主な原因です生活が不規則だと体内時計も乱れがちになり寝ようとする時刻になってもメラトニンが十分に分泌されませんこうした不眠を改善するには規則正しい睡眠を心がけ起きたときに強い光を浴びて体内時計をリセットするのが効果的ですその一方では食生活の改善が不眠の解決に結びつく場合もありますメラトニンもホルモンの一種ですから食事で摂取されるたんぱく質を材料として体内で合成されていますたんぱく質を消化分解して得られるアミノ酸のトリプトファからセロトニンという神経伝達物質が作られそのセロトニンからメラトニンが合成されているのですトリプトファンの摂取量が少ない場合はメラトニンも十分に作られませんので食生活で不足しがちな人はサプリメントで補うといいでしょう不眠改善サプリメントの多くはトリプトファンが配合されており抑制系に作用するGABAという物質を配合した製品もあります欧米ではメラトニンがサプリメントとして広く売られており日本でも個人輸入は可能ですが脳に直接作用する物質ですので使用には注意が必要です医療機関を受診した場合に処方される睡眠薬は即効性がある反面副作用や依存性の問題もあります薬の力で強制的に眠りを誘発させるのとは異なり不眠改善サプリメントはホルモンバランスを整えて自然な眠りを招き寄せる点が特徴です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です