歯周病の原因はホルモンにあった?!

歯周病の原因はホルモンにあった?!

ホルモンと関係深い病気といえば骨粗鬆症や更年期障害を思い浮かべるでしょうそれ意外にもホルモンは歯周病と密接な関係がありますホルモンが減少して行く閉経時期に限らず女性はライフステージの変化に伴い歯周病との関係性が深いので注意が必要です思春期は生理のたびに歯茎の炎症や腫れが起こることもありますし思春期ならではのストレスがかかることで免疫が低下してしまうことで歯周病が悪化することもあります妊娠するとホルモンを大量に分泌するので歯茎の腫れや痛みが出ることもあります若いので歯周病と無関係に考えられがちですがつわりによる食欲低下で唾液の量が減少して口腔内を自浄しづらくなることもあります出産してからもホルモンバランスが正常になりにくかったり子育てでストレスがかかったりすることで歯周病の症状が出てくることも珍しくありません誰もが経験する更年期の時期になれば閉経に伴ってホルモンの分泌が格段に低下します唾液が少なくなるドライマウスになる方も多いので自浄作用が低下して歯周病を悪化させることになりこの年齢になると進行しやすいので特に注意が必要ですこのように女性はライフステージの変化と共に歯周病の恐れがやってくるのでより注意をしなければなりません女性ならではの歯周病にかかりやすいリスクを持っていることを正しく理解をしましょう歯周病は特に強い腫れや痛みがないときには痛みが強烈な虫歯より軽視されがちですが歯茎の炎症から歯を溶かしてしまう菌があるために歯が抜けてしまう恐ろしい病気です普段からの歯磨きの意識を高めることはもちろん歯科での定期的なメンテナンスも欠かせません歯周病の症状がある方は特に定期的なメンテナンスで歯石の除去を行ってもらうのがおすすめですこの歯周ポケットの深さやぐらつきも衛生士がしっかりと確認してくれますまたホルモンと歯周病がこのように深いかかわりがあるのでサプリメントを摂取することでホルモンバランスの調整を目指すのもおすすめです更年期に良くもちいられるのがプラセンタサプリですが基礎代謝の向上自律神経のバランスを正す炎症を抑えるホルモンバランスを調整細胞の生成を促進する作用があるので効果的に用いることができます歯茎が腫れているのは疲れから来ている肩こりから来ていると考える方は多いものですが実はそれ以外のホルモンバランスとの関係も深いかかわりがあります歯周病や虫歯により入れ歯になってしまうとそれだけにリスクもさらに全身に起こりやすくなります大切な歯を歯周病から守るためには歯のケアと共にホルモンとの関係性を意識した暮らしの改善を目指すようにして見てはいかがでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です