疲れやすいあなたはホルモンバランスが乱れている?

疲れやすいあなたはホルモンバランスが乱れている?

私たちの体の疲労と成長ホルモンは密接に関係しています成長ホルモンというと若い時だけのホルモン背を伸ばすやつでしょなどという意見をよく聞きますすが実は違います成長ホルモンは一生にわたって分泌される生きる上でなくてはならないホルモンなのです成長ホルモンは思春期に多く分泌されるので二次性徴に欠かせないホルモンですしかし思春期を過ぎた体にとっては疲労回復疲労の軽減といった意味合いが強くなりますが分泌量は徐々に減少していきます例えば20代でも成長ホルモンの分泌がすくなければ疲れがとれなくなりますし50代でも成長ホルモンの分泌量が20代並みならばあまり疲労を知らずに過ごせますでは成長ホルモンが与える影響について調べてみましょうまず成長ホルモンの分泌が増加すると気力がわいてきますこれは精神的肉体的にも気力がわくことが判明していますまた断食をすると気分が高揚するといわれていますがこれは食を断つことにより成長ホルモンの分泌が増加して恍惚感を得られるから説明できますまた成長ホルモンの分泌が増えるとインスリン様成長因子が生成されますこのインスリン様成長因子は人体内でコラーゲンを作り出す強化する働きがありますなので美容効果とくにアンチエイジング効果があると考えられます美容業界で成長ホルモンを摂取雑誌でよく目にするのはこのためですさらに脂肪の増減にも成長ホルモンの分泌がかかわっています中年にさしかかりだるいと感じるメタボ体形になったと思う人はもしかしたら成長ホルモンの分泌が減少しているのかもしれませんただしこの場合は加齢による自然減少なのかそれとも脳の病気が原因でホルモン分泌が減少しているのか見極めが必要です若者にとっても中年にとっても良い効果が期待される成長ホルモンどうやったら分泌を増やせるのでしょうまず成長ホルモンは睡眠中に分泌されるのでよい睡眠をとることが重要です規則正しい睡眠をとりまた質をあげることで順調な分泌が期待されますほかに上記でも述べましたが断食すると成長ホルモンが分泌されるので断食正確には低血糖状態して分泌させることもできます運動も大事ですトレーニング特に無酸素運動をすると乳酸が分泌されます乳酸は成長ホルモン分泌のトリガーとなるので乳酸分泌が多くなる高負荷の筋肉トレーニングなどは多量の成長ホルモン分泌を促します成長ホルモンはたんぱく質から合成されています食べ物が直接成長ホルモンを作るわけではないのですが規則正しい栄養のある食事は成長ホルモンを合成するのに必要です食生活の改善が難しい時はホルモンバランスを整えるサプリなどを上手に使うこともひとつの案だと思います

不眠を改善するにはホル活が効く?

不眠を改善するにはホル活が効く?

眠るべき時間帯にうまく眠れない症状を総称して不眠症または睡眠障害と呼んでいますその症状は寝つきの悪さを特徴とする入眠障害や中途覚醒早朝覚醒などが挙げられ眠りが浅く熟睡できないという熟眠障害も含まれます不眠にはいろいろな背景が考えられますが不規則な生活習慣による体内時計の乱れやストレスは最も代表的な原因です睡眠時無呼吸症候群など呼吸器系に問題があって熟睡できない場合のホルモンバランスの乱れが不眠の原因となっている例も少なくありません1日程度の睡眠不足であれば翌日ぐっすり眠ることで解消できますがこうした不眠の状態が何日も続くと健康や精神面にもマイナスの影響が出てきます前日の疲れが取れず日中も眠気に襲われたりすれば仕事や車の運転にも支障が生じるようになるのです不眠から来る睡眠不足は美容に悪影響を及ぼすだけでなくさまざまな生活習慣病の原因にもなり悪化するとうつ病など心の病気につながる恐れもありますストレスや体内時計の乱れを原因とする不眠の症状も実はホルモンとの深い関係が見られるものです睡眠は自分の意志でコントロールできるわけではなく血流や心拍消化器官の働きなどと同様に自律神経が調節しています自律神経には交感神経と副交感神経の2系統があって覚醒時には交感神経が優勢となり血圧や体温などを高める方向に作用します睡眠時には逆に血圧や体温を下げて休息に適した状態にする必要があるため副交感神経が優勢となってその働きをしているのですこうした切り替えに重要な役割を果たしているのは脳の松果体から分泌されるメラトニンというホルモンですメラトニンは明るい場所では分泌が抑制され暗くなると分泌される性質を持ちます起きたときに太陽光を浴びると体内時計がリセットされ15時間前後経過した後にメラトニン分泌が始まるように人間の体はプログラムされています女性の場合はメラトニン以外にも女性ホルモンや黄体ホルモンからも睡眠への影響を受けており特に生理前はこれらのホルモン分泌が活発になるため不眠になりやすいものです寝つきが悪いタイプの不眠は就寝時に体がまだ睡眠に適した状態になっていないことが主な原因です生活が不規則だと体内時計も乱れがちになり寝ようとする時刻になってもメラトニンが十分に分泌されませんこうした不眠を改善するには規則正しい睡眠を心がけ起きたときに強い光を浴びて体内時計をリセットするのが効果的ですその一方では食生活の改善が不眠の解決に結びつく場合もありますメラトニンもホルモンの一種ですから食事で摂取されるたんぱく質を材料として体内で合成されていますたんぱく質を消化分解して得られるアミノ酸のトリプトファからセロトニンという神経伝達物質が作られそのセロトニンからメラトニンが合成されているのですトリプトファンの摂取量が少ない場合はメラトニンも十分に作られませんので食生活で不足しがちな人はサプリメントで補うといいでしょう不眠改善サプリメントの多くはトリプトファンが配合されており抑制系に作用するGABAという物質を配合した製品もあります欧米ではメラトニンがサプリメントとして広く売られており日本でも個人輸入は可能ですが脳に直接作用する物質ですので使用には注意が必要です医療機関を受診した場合に処方される睡眠薬は即効性がある反面副作用や依存性の問題もあります薬の力で強制的に眠りを誘発させるのとは異なり不眠改善サプリメントはホルモンバランスを整えて自然な眠りを招き寄せる点が特徴です

歯周病の原因はホルモンにあった?!

歯周病の原因はホルモンにあった?!

ホルモンと関係深い病気といえば骨粗鬆症や更年期障害を思い浮かべるでしょうそれ意外にもホルモンは歯周病と密接な関係がありますホルモンが減少して行く閉経時期に限らず女性はライフステージの変化に伴い歯周病との関係性が深いので注意が必要です思春期は生理のたびに歯茎の炎症や腫れが起こることもありますし思春期ならではのストレスがかかることで免疫が低下してしまうことで歯周病が悪化することもあります妊娠するとホルモンを大量に分泌するので歯茎の腫れや痛みが出ることもあります若いので歯周病と無関係に考えられがちですがつわりによる食欲低下で唾液の量が減少して口腔内を自浄しづらくなることもあります出産してからもホルモンバランスが正常になりにくかったり子育てでストレスがかかったりすることで歯周病の症状が出てくることも珍しくありません誰もが経験する更年期の時期になれば閉経に伴ってホルモンの分泌が格段に低下します唾液が少なくなるドライマウスになる方も多いので自浄作用が低下して歯周病を悪化させることになりこの年齢になると進行しやすいので特に注意が必要ですこのように女性はライフステージの変化と共に歯周病の恐れがやってくるのでより注意をしなければなりません女性ならではの歯周病にかかりやすいリスクを持っていることを正しく理解をしましょう歯周病は特に強い腫れや痛みがないときには痛みが強烈な虫歯より軽視されがちですが歯茎の炎症から歯を溶かしてしまう菌があるために歯が抜けてしまう恐ろしい病気です普段からの歯磨きの意識を高めることはもちろん歯科での定期的なメンテナンスも欠かせません歯周病の症状がある方は特に定期的なメンテナンスで歯石の除去を行ってもらうのがおすすめですこの歯周ポケットの深さやぐらつきも衛生士がしっかりと確認してくれますまたホルモンと歯周病がこのように深いかかわりがあるのでサプリメントを摂取することでホルモンバランスの調整を目指すのもおすすめです更年期に良くもちいられるのがプラセンタサプリですが基礎代謝の向上自律神経のバランスを正す炎症を抑えるホルモンバランスを調整細胞の生成を促進する作用があるので効果的に用いることができます歯茎が腫れているのは疲れから来ている肩こりから来ていると考える方は多いものですが実はそれ以外のホルモンバランスとの関係も深いかかわりがあります歯周病や虫歯により入れ歯になってしまうとそれだけにリスクもさらに全身に起こりやすくなります大切な歯を歯周病から守るためには歯のケアと共にホルモンとの関係性を意識した暮らしの改善を目指すようにして見てはいかがでしょうか

妊活と不妊とホルモン

妊活と不妊とホルモン

私は結婚した当初まだそこまで妊娠を望んではいませんでした時期がくればコウノトリが運んできてくれるだろう呑気に思っていたのですしかしそんな簡単にいくはずもなく5年が経過し焦りを感じ始めていましたなぜこんなに妊娠をしないのだろう私の体にどこか異常があるのかななどと考えるようになっていましたそこで本格的に妊活を開始しようと思い妊活に必要なことを調べてみることにしましたまず妊娠を望んでいる女性にとってホルモンバランスとは切っても切れない関係ですホルモンバランスを整えることにより妊娠により近づくことができますそもそも女性ホルモンというのはエストロゲン卵胞ホルモンプロゲステロン黄体ホルモンことを指しますエストロゲンとは排卵日が来るまでの間に妊娠できる体を作りますプロゲステロンとは妊娠状態を維持するためのものですまず妊活に重要なのは生理周期を整えることです日常生活で気を付けることは過度なダイエットやストレス食生活の乱れなどにより生理周期がバラバラになることもありますまた睡眠は非常に大切です夜の10時から深夜2時の間は成長ホルモンが分泌される時間ですその時間に寝るのが難しいという方はせめて0時までには寝るように心がけましょうまずは規則正しい生活から始めると良いと思います次に食事ですよく耳にはしますが大豆イソフラボンは女性ホルモンを整えるのに非常に良い成分がたくさん入っています特に納豆豆腐味噌などに多く含まれています日常の食事に簡単に取り入れることができる食品なのはうれしいことですよねそれから豆乳を飲むこともおすすめします簡単に大豆イソフラボンを摂取することができます生理前に飲むとダイエット効果も期待できるようですそのほかにビタミンEやビタミンB6も重要ですかぼちゃアーモンドバナナカツオなどに含まれていますこちらも普段の食事から簡単に取り入れることができますね次に葉酸についてですこちらは妊活をしている人はよく知っているかと思いますが葉酸は妊娠前から摂取することが非常に大切だと言われています葉酸を摂取することにより先天性異常の確率が少なくなると言われていますこれは女性だけでなく男性にも同じことが言われています男性も妊活中には摂取するようにしましょうもちろん女性は妊娠後も積極的に取り入れるようにしましょう葉酸はほうれん草に多く含まれていますしかしほうれん草から葉酸を摂取しようとすると一日に200gも食べなければいけません葉酸は熱に弱いため生のほうれん草になりますので200g食べるのは難しいことと言えますそこで私は葉酸を簡単に取り入れるためにサプリメントを飲むことにしました葉酸のサプリメントはドラッグストアで売っていますし値段もお手頃ですサプリメントにすることにより簡単に必要な栄養素を摂りいれることができるようになりました私のようになかなか妊娠できず悩む方もいるかと思いますが妊活自体をストレスに感じずまずは普段の生活から見直していただけると妊娠に近づくことができますのでぜひお試しください